今、目が覚めて外を見たら、まだ雨ですね。

思い出しちゃうんですよね。

僕は昔、貧乏暇無しで仕事をしてました。
その仕事の帰り道の夜、ずぶ濡れの女が歩いていて、見れば痣はあるし服はボロボロ。
なんもないボロアパートで風呂と服を貸してあげた。

「何でもするからここに置いて・・・」か。

訳も話さないし、どうせ寝るだけの部屋だから承諾した。

あまりにも家事をこなすから金髪だけど悪い娘じゃないし、ゆっくり話しをしたんだ。

同い年の23才、家は義母の言いなりの馬鹿親父で、義母の虐めにも知らん顔。
そんで知り合いの家を転々として最後の所でレイプ未遂。

「ここで良けりゃ居なよ」

金も無いのに言っちゃった。

だから働いたよ。
可愛いからスケベ心を抑えんの大変だったな。

金貯めてマシな所に移って、やっとエッチできたな。
処女だったし大事にしたな。

あれから13年、今はスケベになって濃厚なエッチで、もう僕はヘロヘロ。

隣の寝顔をみるとあの日が嘘みたいだけど、雨降りの夜は思い出すんです。

そんで誓うんです、この安らかな寝顔を泣き顔にしないと。

この指輪に。