季節は夏!
至る所で、夏祭りが行われている。
私の住む街の、商店街も恒例の夏祭りが行われていた。

私30歳、妻27歳、子供5歳(男)も、夜の祭りに出掛ける準備を行っていた。
子供と妻が着替えを済ませ、寝室から出て来た。
妻は、夏らしく涼しげな白いワンピース姿だった。

薄ら透ける白い生地の下に薄らと水色のブラジャーが見える。
友人にもよく、綺麗な奥さんだねって言われる位、まぁ美人だ。
スタイルも良く、胸はDカップ程ある。
若干下半身が太めだが、それが大人の女性の魅力を引き立たせる。

車で数分走ったところで、指定駐車場に止め、歩いて歩行者天国に出た。
多くの人で賑わい、なかなか前に進めない。
道を囲む様に出店が軒を連ねていた。
子供は、そんな露店に目を輝かせ、焦る様に手を引いて歩く。

私も後を追う様に付いて行くと、行き交う女性に目が行く。
若く、露出の多い服装に男性なら当然目が行ってしまう。
中には、露店の隙間に座り込み食べ物を食べる人も多く、祭りの雰囲気のせいか、スカートの中は丸見えだった。
男にとってこれほど堂々とジロ見出来る機会は無く、私は興奮していた。

子供と一緒にクジ引きの店に寄ると、そこは子供が大勢並んでいて一緒に大人も付き添っている。
みんな同じなんだと思いながら、子供の笑顔を見ていた。
ふと、横を見ると30代の女性が待ち疲れたのか、屈んで店の横に座っていた。
ミニスカート姿だったので、太股の間には、白いパンティが見えていた。
しかも私の位置からは、胸元から見える谷間が結構奥深くまで見える。

興奮しながら見入っていると、子供が3等のゲームを当てて喜び、「パパ当たった!」と言われ、我に返った。
妻共々、喜びながら先を進んだ。
(もっと見ていたかったが、そうもいかない)

ふと、視線を変えて辺りを観察すると、私同様、多くのお父さん達が女性物色を楽しんでいるのが分かった。
祭りの力は凄く、多くの女性に露出心を与えるのか?

そんな時、子供が「ハル君だ!」と言い、一軒の店の方へ走って行った。

後を追いかけると、子供と同年代の子供が手を振っていた。

(誰だ?)

そう思いながら、近づくとその露店の子供らしく、ちょっと怖い感じの父が「お~、ショウか?」と言い、私の子供を知っている感じだった。

なんとなく頭を下げると、向こうもよそよそしく頭を下げて来た。
気まずい雰囲気の中、様子を窺うと、かき氷を売っている様で、夜ともなると売れ行きが悪いのか、機嫌が悪い感じだった。

露店はクジ引きや飴、綿あめ、焼きそばなどは良く並んでいたが、ここの店には一人として誰も来なかった。
子供達は店の辺りを走り回り楽しんでいたが、私と店主の重苦しい空気が流れ、早く立ち去りたい感じだった。

そんな中、店主の友人だろうか?(やっぱり柄が悪い感じ)女性数人と現れ「お~売れてるか?」と水を差す感じだった。
女性達も知り合いなんだろうか?店主に抱きつき、「久しぶり・・・頑張って」とベタベタしていた。

明らかに奥さんでは無い感じだったが、こんな公衆の場で・・・。
彼らも居なくなり、また重い空気が流れた。
少しすると、妻がようやく歩いて来るのが見えたので、「こっち!」と声を掛けた。

私に気づいた妻が近寄ってくると、「あ~どうも」と店主に頭を下げていた。

(顔見知りなのか?まぁ子供が知り合いなら当たり前か!)

そう思っていると、店主が妻に近づき始め・・・。

「奥さん、相変わらず綺麗ですね」
「そんな事ありませんよ」

そう言いながら顔を赤らめていた。

「かき氷おごりますよ」

そう言って2つ作ると、私と妻に渡して来た。

妻と店主が色々話し始めていたが、子供の姿が見えなくなった事に気づき、私は辺りを探し始めた。
店の裏手の広場で、数人と遊ぶ子供を確認すると、店の方へ戻った。
店の陰では、相変わらず妻と店主が話をしていたが、よく見ると男が妻のお尻をスリスリしていた。

あまりの出来事に、その行為を見入ってしまった。
男の行為はエスカレートし始め、妻のスカートが捲られ、パンティの上からマンコを触る感じだった。
妻も、モゾモゾと抵抗している感じだったが、辺りの人に気づかれたら大変と思っているのか?声は出していない。

店の前からは、カウンターで見えないと思う、後ろ側は通行人も居ないし、夜で気づく人は少ないと思う。
店主も、強張った顔で辺りをキョロキョロしながら確実にマンコを摩っていて、声を掛ける事も出来なかった。
荷物の掛けから、妻を見守り様子を見ていた。

パンティのサイド部分から指を這わせ、中に入れ始めたんだろう。
妻の体がビクビクしていた。
男もニヤニヤし始め、妻のマンコを堪能していた。
その時、珍しく客が現れ、かき氷を作り始めた。

妻が店主から離れようとすると、「あ~氷作って!」と妻に言い、イヤイヤ妻が氷の機会を操作していた。
店主は、下に置いてあるシロップを取ろうとしゃがむと同時に、妻のパンティを一気に足元まで下げた。

慌てる妻は氷を容器からこぼして、客に「氷、こぼれているよ」と指摘され、「あっすいません!慣れてなくて」と答えていた。
店主が足元からパンティを剥ぎ取るとポケットにしまい、シロップを取り、氷に掛けていた。

客に氷を渡すと、店主はまた妻のスカートを捲りマンコを触り始めていた。

指を咥え、声を我慢する妻!
店主は指を激しく出し入れを繰り返し、妻の汁が男の手を伝って流れ、途中から糸を引きながら落ちていた。
膝をガクガクさせながら必死に立つ妻を横目に、店主はワンピースを腰の辺りまで持ち上げると固定した。
そんな状況になると、何故か客が現れる。
今まで、誰一人立ち寄る事が無かったのに・・・。
妻はそんな淫らな格好で、接客を始めた。

「イチゴミルクとレモン2つ」
「はい」

そう言って、慣れない手つきでかき氷を作る妻だった。
店主は、そんな妻のマンコを指で刺激し、クネクネと下半身を動かす妻がやけに色っぽかった。
エッチな汁は太股を伝って流れ、それを指にすくうと店主は仕上げのストローに汁を塗り客に出した。

客はお金を支払うと、ストローに口を付け、店先から消えた。
妻は、顔を赤らめながら彼を見つめていた。
店主が妻の足元にしゃがみ込むと、お尻の方から顔を埋め、マンコを舐め始めた。

妻も必死に店主の頭を押えたが、彼の力に負け、受け入れるしかない感じだった。
数分舐め続ける店主が、立ち上がると妻のブラジャーのホックを外し、脱がせ始めた。
嫌がる妻に耳元で何かを囁くと、妻は大人しくブラジャーを外した。

白いワンピースが店先の明かりに照らされ、妻の乳首が浮き上がっていた。
そんな姿で妻はただ立ち尽くしていると、また2人の男の客が現れ、妻の姿に気づいたのかジロジロ胸の辺りを見ていた。

「ブルーハワイ2つ!」

そう言って彼らはずっと妻を見つめていた。
店主は、相変わらず妻のマンコを舐め、刺激を繰り返していた。
かき氷を渡すと、男達が「奥さんエロいねぇ」と言い始めた。
店主が立ち上がると、びっくりした顔で男達が硬直した。

「お客さん、お買い上げありがとう」

そう言うと、店主が妻のワンピースをさらに捲った。
慌てて手で押さえる妻だったが、男達にはすっかり妻の全裸が見えたに違いない。
凝視する2人に「サービスねぇ、また来て」と店主が言うと、彼らもそそくさと暗闇に消えて行った。

ただ、茫然と見ている私。
妻が拘束され1時間位経っただろうか?
店主が妻のワンピースを戻すと、妻を店の横に押した。
その直後、店主の奥さんらしき女性が現れ「貴方!売れたの?」と聞かれていた。

「あら、ショウ君のお母さん!久しぶり」
「あっどうも、子供達遊び始めたからここで待ってるの?」

そんなタイミングで子供達も戻って来たので、私もどさくさに紛れて店先に向かった。
少し話し、「それじゃ」と妻と子供の3人で、店を後にした。

ドキドキしながら歩き、暫くしてやっと冷静になった時、気づいた。
妻は、下着を付けていない・・・。
行き交う男が妻をジロジロ見る。
急ぐ様に、車に戻ると祭りを後にした。

家に戻り、子供が寝た後で「何で下着付けていないんだ・・・」と聞くと「ん~忘れた!」と誤魔化す妻!!!

「ちょっと見ちゃったんだ」と言うと、「だって怖かったし・・・彼有名でしょ」と答えた。

詳しく聞けば、彼に逆らった夫婦が離婚!子供も不良になったとか・・・。
彼は地元でも有名で、逆らわないのが一番だと言う。

妻は必死に謝って来たが、一番悪いのは私で・・・お互い無かったことで同意!
激しく抱き合い、忘れる事にしました。

店主とは、その後会ったことがありません。
子供も、別な子供と仲良くなり、ハル君とは・・・。