今から、2年前の話になります。

子育ても一段落した頃、ママ友から旅行の誘いがありました。
勿論、主人に許可を貰おうと話したら「良いじゃないか、行って来いよ」と一発OKでした。

私40歳、友人:由美子43歳、純子44歳。
旅行の打ち合わせを行い、1泊で温泉に行く事に・・・。
そんな中、由美子さんが「下着は勝負物よね!」と言い出し、私は思わず「何で!?」と聞きました。

「女だけの旅行よ!いい男居るかも知れないじゃない!ねぇ」
「そうそう!こんな時じゃないと普段のストレスは発散されないし?」
「私は服装も若く行くわよ」
「何!ミニスカ?」
「そうよ!この間買っちゃった!」

そんな感じで盛り上がり、私も久々に若返っちゃうか?って張り切っていました。

旅行当日。

「お~何だお前!随分若い格好だな」
「可笑しいかな?」

「いいよ。凄く若く見えるし・・・可愛いよ」

そんな夫の言葉にちょっと自信を持ちながら家を後にしたんです。

駅に向かうと由美子さん達が出迎えてくれました。
明らかにみんな若い格好でした。

電車に乗り込み3人向かい合いに座ると、

「やだ!美香さんパンティ見えてるよ。ハハハ」

ワンピースを着ていたのですが、丈が短すぎたのか?ズリ上がりちょっと屈むと前からは見えるようでした。
勿論、他の2人も同様だったんですけどね!

そんな3人を乗せ、電車は目的地の温泉地へ到着しました。
温泉地で観光を楽しんでいると、20代の男性3人組みに声を掛けられました。

「お姉さん達、俺たちと遊びに行かない!」

「(ちょっと若いかな?)」
「(どうする?)」

コソコソ話をして、「また今度ね」と笑顔で交わし、目的地の温泉宿に向かいました。

浴衣に着替え、温泉に浸かり、楽しみにしていた夕食を3人で堪能しながら、若い男達にナンパされた話で盛り上がっていました。

「あれ!お姉さん達もここだったんですね。ラッキー」

振り向くと、昼間にナンパしてきた若い男達でした。

「この後、一緒に飲みませんか?」
「どうする?今度って言っちゃった後だし・・・飲む?」
「そうね!いいんじゃない」

年上の言葉に逆らえず、私達の部屋で飲む事になりました。

若い男達は、28歳の独身で学生時代からの友人らしく、たまに一緒に旅行に出掛けているとの事でした。
酒も進み、話はエッチな方向へ進み、私達の性生活までもが暴露されることに・・・。
男達は食入る様に聞いていました。

浴衣ははだけ出し、由美子さんも純子さんも勝負下着が全開でした。

「お~お姉さん、エッチな下着付けて・・・何、期待してたのかな?」
「もっと見て良いですか?」

「ちょっとね!」

そう言うと男達は、由美子さんに浴衣を剥ぎ取り、下着姿にしていました。
すると、今度は純子さんまでもが下着姿にされ、「どっちもいいっすね?」って比べられていました。

「じゃ、最後は美香さんだけですよ」

そう言って男達が私に群がり、抵抗する間もなく浴衣を剥ぎ取られました。

「お~大きい!」

3人が私の胸を凝視していると、

「そうよ。美香さんFカップだからね」
「触らせてもらったら・・・ねぇ」
「え~!駄目よ」

思わず胸を隠したんですが、場が白けたのを感じ、手をそっと取りました。

また、酒が注がれ瞼が重くなり始めた頃、由美子さんの姿が見えなくなりました。
暫くして、トイレに向かうと玄関口で、男のチンポを咥えている由美子さんが居ました。

「あら!見られちゃった・・・今日の事は忘れましょ!」

そう言っておまんこに入れられていました。

トイレから出て部屋に入ると、純子さんも全裸にされ、布団の上でバックから突かれ喘いでいました。
どうしよう?と思った瞬間には、私も押し倒され下着を剥ぎ取られ、今、おしっこを出したばかりのおまんこを舐められ・・・。

「汚いよ。駄目」と言っても聞く筈もなく、吸い付かれて感じてしまいました。

「デカイオッパイ気持ちいい」

胸を揉みくしゃにされながら、私は彼のチンポを受け入れてしまいました。
若い男のSEXは夫にはない激しさで、私は今まで感じた事の無い快楽に、激しく逝ってしまいました。
男達は、代わる代わる私達を逝かせまくり記憶がなくなりました。

翌朝、目が覚めると布団の上に全裸で6人が重なるように寝ていました。
ガンガンする頭を抱えながら、記憶を呼び起こし“ハッ”としたんです。
一足先に、風呂に向かい体を洗い流すと部屋に戻りましたが、まだ5人はグッスリ寝ていました。

化粧を直していると、後ろから抱きかかえられ全裸にされると、もう一人も気づいて起きそのまま、男達の部屋に連れ込まれました。
彼の部屋も同じ階で、少し離れていましたが、まだ朝4時半と言うこともあり人気はありませんでした。

部屋に着くと2人に抱かれ、あらゆるカッコを携帯で撮影され、口とおまんこに同時挿入。
また、興奮と激しい快楽が蘇り、どうしようもなくなっていました。
おまんこから溢れるエッチな汁をお尻の穴に塗り、彼は指を入れだしました。
初めての体験でした。
痛いと言うよりドキドキした。
おまんことは違った気持ち良さが伝わり、思わず「アッ」と声を出す位でした。

男は指を2本3本と増やすと、ちょっとずつ広げて行き、気づくとチンポを入れられていました。
余りの気持ちよさに、お尻の穴で逝ってしまい、潮まで噴く始末でした。
結局2時間彼らに弄ばれ、解放されたのが6時を過ぎていました。

「もう、部屋に戻っていいよ」と彼らに言われても、私は何も着る物もありませんでした。

それを知っていて彼らは私を廊下に追い出し、部屋の鍵をかけたんです。
誰にも会わない事を祈りつつ、私は自分の部屋を目指しました。
長い長い廊下でした。

ようやく部屋のドアに手を伸ばした瞬間!
隣のドアが開き、中から初老の男性が出てきました。

驚いた目線を感じながら、何とか部屋に入りました。
中には、3人がまだグッスリ眠っています。
7時を過ぎ、ようやくみんな起きると風呂に向かいました。
6人一緒に朝食を食べていると、向かいのテーブルには、先ほど廊下で会った初老の男性が、奥さんと一緒に座ってこっちをチラチラ見るのが分かりました。

ホテルを出て彼らと別れ、電車で現実の世界へ戻る私達でした。