たしか小5のころだったかな。

国語の授業で、“いつもとは違う教室で授業をしよう”というものがあったんだ。
その時は会議室のようなところだったと思うんだが、机の配置が円みたいになってたんだよ。
で、俺は自分の席に座って授業開始を待ってたんだが、ふと向かいの席の女子(そこそこ仲良かった)が思いっきり足を開いて隣の女子と話しているのに気がついた。
もちろん足開いてるからパンツ丸見えなんだよな。
そのときの花柄のパンツは今でも覚えている。
当時、性について何も知らなかった俺だったが、その時初めて勃起を経験した。
しかし何もわからない俺は自慰をするわけでも無く、ただその子のパンツを見つめていた。
多分二分くらいだったと思う。

その後、授業が始まってその子のパンツも見えなくなったので自然と俺の勃起も収まっていった。

そして放課後、俺の友人Aに「ユイ(俺がパンツを見てた子)の家に遊びにいかない?」と誘われた。
普段からたまに遊んでいたので、そのときも普通に行くことにした。

で、ユイの家に到着。
インターホンを押して家に入ると、ユイの友人(俺の好きな人)も遊びに来ていた。
で、普通にゲームなりなんなりで遊ぶわけだが、俺の友人と、ユイの友人はすぐに飽きてしまった。
そのうち俺の友人が帰るとか言い出して、それに便乗してユイの友人もいっしょに帰ってしまった。

結果、俺とユイが二人で遊ぶことになってしまったのだが、最初のうちは普通にゲームして遊んでた。
少しした時、ふと今日の授業前のことを思い出した。
あの花柄のパンツを今もユイが穿いているのかと思うとまた勃起しだした。

俺はうつ伏せでゲームをしてたのだが、無意識に今で言う“うつ伏せオナニー”をしだした。
その時の気持ちよさは今でも忘れられない。

隣でユイもゲームをしていたが、俺の様子には気づいていないようだった。
だが俺が精通に近づいていくと、次第に息遣いも荒くなってきて、ユイが俺の行為に気づいた。

「ねぇ、なんではぁはぁ言ってるの?ww」
「わかんない・・・なんかこうしてると気持ちいいっていうか、なんていうか・・・」とか言ってるうちに、遂に尿意を催してきた。

「あ・・・おしっこ出るかも・・・」

俺がそう言うとユイは「えっ!こんなところで漏らさないでよ!」と、かなり焦っている様子だった。

「無理・・・でる・・・あっ」

そう言ったとき初めての射精が来た。

意外に量は多く、俺が履いていたパンツがぐっしょり濡れるほどの量だった。

「あれ?本当に出たの?」
「うん・・・なんかよくわかんないの出てきた・・・」

その後、本当に出たのかどうか確認したりしたが、当時の俺たちにはその変わったおしっこの正体は分からず、とりあえず俺が帰ってパンツを洗うことになった。

その日はそれだけだったが、その後はユイの家で二人で遊ぶようになり、その度に射精を繰り返していた。