夜の飲み会で、高校時代に片想いだったC子の隣に座り、昔話で盛り上がりつつガンガン飲ませた。

自称“酒豪”と名乗るだけあり、相当飲んでたC子だが、とうとう酔っ払ってしまい俺と話してるが既に呂律が回ってない。
トイレと行って席を立ったC子を追いかける様に部屋を出た俺は、廊下で追いつくと肩に手を回し、トイレに行きたいC子を半ば強引にトイレ横の非常階段に連れ出した。
階段に崩れる様に座ったC子は壁にもたれ掛かり、ボーっとしている。
横に座った俺は適当な話を並べながら、体を密着させ、C子の反応を見ながら肩に手を回し抱き寄せると・・・俺にもたれ掛かって来た!

更に俺は喋り続けながら右手でC子の汗ばんだ髪の毛を直してあげ、そのまま右手をC子のミニスカ越しに太腿の上に置いた。
C子の肩に回した左手で、C子の耳たぶを摩りながら、右手で内腿をさすり徐々に股間へ近づけて行った。
耳たぶ摩りにくすぐったそうにピクッ×2反応しながらも、太腿は力が抜けてて寧ろ、蟹股に・・・。
俺は思い切って、C子に聞く前に耳たぶを摩ってた左手でC子の顎をクイっとあげ、俺の方に顔を向かせるとC子と目が合う前に唇に吸い付いた!

「んっ!」っと声をあげたC子だが、間髪いれず俺が舌を絡ませるとC子も舌を動かし始めた。

同時にC子の右足を俺の左足の上に乗せ、大きく開かせると空いてる右手でミニスカを捲り上げ、パンツのアワビ部分をズラすと指で縦筋を刺激し始めた。

毛は薄く、ビラビラは小さめ。
感度は良く指がクリ部分にあたる度、C子は下半身を振るわせ、塞がってる口で声にならない声を上げる。
アワビを広げずとも筋から液が滴り始めた辺りでC子がキスを止め・・・。

「ト、トイレ・・」

止む得ず、非常階段から出るとC子は女子トイレに・・・。

咄嗟に「中に誰か居る?」と俺が聞くと・・。

「?・・・誰も・・居ないよ」

聞いた瞬間にC子を押し込むように女子トイレに雪崩れ込み、内一つの小部屋に入ると鍵を掛けた。

「ヤ、ヤバイんじゃ・・」と言う間もなく、続きを始めた俺。

蓋をした洋式前座に股を広げ座ると、前にC子を座らせC子の両足を俺の両足に乗せる。
背後からミニスカを捲り上げ、キャミ&ブラも捲り上げると、恥ずかしそうに隠そうとする両腕を後ろ手に組ませ、俺の左右の手で乳とアワビを弄り始めた。
C子は反り返りながら顔を俺に向け舌を絡めて来る・・・。
すぐ、C子の両乳首は立ちまくり、アワビはヌラヌラと滑る程溢れている。
右手人差し&中指でニチャっと糸を引きながらアワビの口を広げるとその二本をズブズブと膣内へ入れて行く。
C子の体は一層ビクビクと波打ち、体も反り返り全体重を後ろで支える俺は必死に堪えながらも膣内に入れた指を絡ませながら激しく擦った。

C子の腰が浮き始め、更に体重が圧し掛かり・・・

「ちょ、ヤバ・・」と思わず声が出掛かったところで「ハァ・・ンッ・・や、止めて・・オ、オシッコ・・で、出る」と吐息交じりに出た言葉と同時にシャ~~~~!っと、C子のアワビ内から放物線を描き小便が勢い良く出た!

俺は慌てて右手を引き抜くと、重さに耐えながらも背後からC子の放尿シーンを見物w
最初、壁にビシャビシャと音を立てて当たってた小便も量が納まってくると徐々に下に落ち始め、C子の腰も落ちて便座についた。

それでも、またピクピク逝ってる下半身に・・・。

「もしかして・・逝ったの?」

どうやら失禁と同時にイってしまったらしいwww

俺はC子を立たせて、ビチャビチャになった床一面にトイレットペーパーを敷いてオシッコを吸わせ、便座に付いたオシッコも拭き取ると、C子を屈ませ俺のムスコを咥えさせた。
あまり尺八に慣れてないながらも一生懸命舌を絡ませ、唾液を垂らしながらも吸い付いてくる様にガマン汁全開になり、C子を再び立たせると前座の方を向かせ、前屈みにさせ後ろから両手でアワビを押し広げ、肉棒をズブズブと沈めて行った・・・。

C子はトイレタンクに両手を付きながら大きく体を仰け反らせ「ァアアアァーーー」と唸りにも似た嗚咽を上げ始めた。

イマイチな角度の悪さにC子片足を便座に乗せると、膣奥までフィット!
真っ白い背中&括れた腰を眺めながら、両手で両乳を鷲掴みにし激しく腰を振っていると、ふいに女子トイレの戸が開き2人入って来た。
咄嗟にC子は自分で口を抑え、声が聞かれるのをガマンする仕草をみて俺は更に付きまくったw

C子が黙ってても下の口は黙っておらず、俺に突かれる度にC子の尻と俺の股間があたり「パン!パン!」とwww
更にムスコの出し入れで「グチュ、ニチャ」とwww
C子は慌てて残った手で俺の腰振りを止め様とするが、バランスを崩しそうになり止めれない。

異様な!?音に気付いた外の二人w

「・・!?ねぇ、中でヤッてんじゃないの?」
「マジ!?・・・うわっ!マジじゃん!?ホテル行けっつーのww」

なんと笑いながら出てってしまった。

俺はC子の両手を後ろにまわすと更にガンガン付き捲くった。
C子は酔い&気持ち良さで立っているのも必死で突かれ捲くっている。

「あぁあぁ~!ま、たイキそう!!!」の言葉でC子の膝がガクガク震え腰が落ちた瞬間!

俺のムスコがヌルンっと抜け・・・俺は逝ってしまったあああああァ!

C子の尻から捲れ上がったミニスカ、背中&キャミ&髪にかけて液が散乱。
どうしようもなく適当に拭くと、この格好じゃなんだからと俺の部屋に行く事に・・・。