数年前の慰安旅行のときのお話です。

その年は、混浴で有名な温泉旅館に行きました。
旅館に着いて、宴会までの空いた時間に各自温泉に浸かりのんびり過ごしました。

宴会が始まり、お酒の弱いあきは、なるべく断るようにしていたんですが・・・。 
そこは上司から注がれるお酒・・・なかなか断れず、飲み進めているうちにかなり酔ってしまったようで、男性社員の膝を枕に寝てしまいました・・・。

目を覚ますと、男性社員の何人かがあきの顔を上から覗き込んでいました。
ビックリして身体を起こそうとしたら・・・動けないのです。
浴衣は着ていたのですが、右手と右足・左手と左足というふうに浴衣の紐で縛られていました。
もちろん下着は丸見えです。

「あきちゃん、パンティーにシミができてるよぉ~」
「なんかここんとこ筋できてないか?」
「なんかイヤラシイ匂いもするなぁ」

・・・と、イロイロな言葉が飛び交っていました。

一人の社員がブラジャーのホックを外したと同時に、一斉にあきの身体を触り始めたのです。

(やめてぇ~~~~)

叫びたくっても、口にはタオルが入れられていて、叫ぶこともできません。
そのうちに、下着も取られてしまい、あきのおまんこは丸見えです。

「あきちゃん、なんかピンクのコリコリしたものが顔出してるよ」
「あきちゃんのおまんこ、ビラビラすごくない?」
「アナルまでヒクヒクしてるぞ」

そんなイヤラシイ言葉言われると・・・Mのあきは・・・。

「もっと・・・」と言ってしまいそうになりました。

「あきちゃんのために、こんなもの持って来てあげたよ」

一人の社員がバイブを出して、あきのおまんこに・・・。

「あ~~~~もうだめぇ~~~」

バイブだけで、逝ってしまったのです・・・。

その後は、当然のように、そこにいる社員のおちんぽを、あきのおまんこに代わる代わる入れられたのでした・・・。