「おい!おい!」
「は?」
「あっはは!座りながら超うたたってんじゃねえって!酔っ払った?寝ちゃだめだって!あっはは!これドリンク」
「あ、あーーー。はあ。うす。すんませんす。あ、財布」
「馬鹿かお前、奢りに決まってんじゃん。で、やった?2人っきりで。どうだったよ」
「あ、ああ。あーまあまあっすね」
「よかったべ?結構。入れると美沙腰に力入れるところがなんかいいよな。体中真っ赤になるし」
「よう、おつ!」
「ああ、□□さん。うわ、寝てたんすか俺」
「ああ、ガン寝じゃねえけど。うたたってたよ。疲れてんじゃねえよ!」
「おい!酒も買ってきたからドリンク剤とちゃんぽんでいけ!」
「倒れますって」
「つかシャワー浴びさすとはあんま俺らに気効かせんなよ。疲れちゃうぜ?」

頭をグリグリされる。

「は?」
「いや、いーんだけど。もうほんとあんまマジで俺らに気ー遣うなよ。◯◯堅ぇって。もっとこう、ぶっちゃけていこうぜ!」

なにいってんだこいつ。

「マジなんつうの?後輩とか思ってねえから俺ら。気ー使われると俺らまで気ー使っちゃうじゃん?」

ああ、信頼度MAX?ありがたいね。
よくわかんねえ。何で寝てんだ俺。

「あー、風呂って美沙さん寝ちゃって」
「ああ、風呂場から出てきたところにかち合ったんだわ」

アホか内風呂つかえよ。
馬鹿かあの女。

「ぎりぎりまでやってりゃいいのによ!」
「あっははは!嘘つけ林、こいつカメラ買ってんの。◯◯とやってるとこ激写するとか言って」
「800円もしたよ高けー」
「あっははは、やめて下さいよ」
「ぶはは!800円もじゃねえよ、2つ買ってたじゃねえかよ!」

ゲラゲラ笑う。
信頼されて、かまってもらってこの先輩とかマジ楽しい。
寝てる暇、ねえ。

「なあもう、ぶっちゃけ半端ない量中出し?だからシャワー?なあ、◯◯固いって。ぶっちゃけ?」
「ぶはは!ぶっちゃけすぎだって」
「あ、早漏は黙っててくれる?」
「あっははは!」
「あっははじゃねえよ。中出しだべ?」
「ははは、そうっすね」
「イエー!!!ぶっちゃけー!!イヤッハー!!!!」
「あっははは!馬鹿だ超馬鹿!」

あーなんでんな口渇くんだ。
ドリンク剤か?糞。

「で、△△さんは?風呂?」
「あ?△△?隣だよ。つか◯◯疲れてんなら寝るか?」
「そうだな。寝たら?もしなんだったら時間教えてくれりゃ起こすぜ?朝までは寝ねえだろ?」
「あったりめえだろ、◯◯若いもんな!」
「あっはは!俺らも若けえよ!」
「いや、いいっすよ」
「そうか?じゃあ風呂でも入ってきたらどうだ?汗流せよ。めー醒めるし。△△終わったらこっち来るし。そしたら2人で行くか?□□」
「あっははは!恥ずかしさねえのかよ!で、いっちゃう?」
「ぶはは!おまえもかよ!」
「ああ、ここの内風呂使わせてもらいます」
「ああ、そうしろそうしろ。目醒まして、俺らと行こうぜ!」

そうかよ、△△先輩隣かよ。
風呂に入る。
なんかグワングワンするのなんだこれ。
つか、やってんのか隣?何で俺にはあんだけ怒ってあいつらにやらせてんの?
ほんと馬鹿じゃん。
なんかマジどうでもいいや。
何で俺だけ。

「◯◯、◯◯!」
「なんすか?」
「早く風呂上がれ。隣超盛り上がってるって!行くぞ」

超盛り上がってるな先輩ら。
こんな事できる人らじゃないはずなんだがな。
林さんと△△さんがああいう性格だからか。
盛り上げて煽るの上手いもんな。
何で俺こんな事なってんだ?

「ほい、新しい浴衣」
「あ、ああ!わざわざすんませんっす」
「いいって、ほら着ろって行くぜ?」
「カメラカメラカメラー」
「歌うな!」
「盛り上がってるってなんです?」
「クリマンコで超いってるっぽい。潮吹いたっぽいとかいって携帯かけてきやがんのあの馬鹿。すげえいい声出してたわ」
「お前待ってたんだからな!ほら行こうぜ」
「はは、いきまくってんすか」
「なんか最初ちょっと嫌がったらしいけど。ヤバイ。超やらしいわあの女。見誤ってた」

ぺしっと額を叩く。
くだらねえ、何年前のセンスだ?
ゲラゲラ笑う。

「大体お前クリマンコってなんだ?」
「あれ?言わねえ?」
「クリはクリだろ。なあ、◯◯」
「あっはは!同意もとめんなよ。あ、美樹ちゃん寝てる?」
「なんかマジ爆睡してんな美樹。まあ都合いいけど」
「まあいいや、美沙チンコでいかすよ。今度は」

調子のんな。
そんなキャラだったか?お前。

「よっしゃ。しーな。しー。静かにな。よし、□□カメラ一個持て。2枚パシャパシャっと行こうぜ!」
「ん?おう」
「◯◯静かにドア開けて。閉めるとばれるから、俺らがカメラ撮り終わるまで閉めちゃ駄目な」
「は、はあ」
「よしゃ、開けて開けて!」
「あんっ!あんっ!あはっ!!ヤンッ!△△く・・あんっ!」

さっきと声全然違うじゃねえかよ。

「閉めて閉めて。声でけ。ヤベって」
「この階他に客いねえし大丈夫じゃね?」
「そういう問題か?気づいてねえから閉めて、◯◯。閉めて」
「うい」
「ちょっと覗いてみ?」
「あ、△△こっち気づいた」
「美沙は?」
「気づかないっぽいわ」
「△△にカメラ見せろ。あ、◯◯わるいな、こっちこいよ。こっち。音立てんな」
「んん・・んーうんっ!あんっ!きゃ、何?△△君・・・」

「あーうつ伏せんなって。ケツ上げろよ」
「やだ・・・恥ずかしいよ。あんっもうっ触りすぎ!」

「うるせって美沙。ほら、ケツ上げろって」

覗くと(つうか障子は完全に半分くらい開いてたから覗くじゃない既に)
ドアがわに美沙先輩が尻を高く上げてうつ伏せになってた。
△△が美沙先輩の尻を抱えて右手の指2本でスゲエ勢いで抽送して、左手でこっちに向かって超得意げに親指立ててた。

「あんっ!あんっ!!やだ、この体勢。普通にしようよう・・・」

「あっはははは!普通ならいいのかよ」
「ほら、気持ち良いっていってみ?」
「やだっ!!ああっ・・・」

「さっきいったべ?ほら、言えって。ほらほら」
「あっはは、超得意げじゃんあいつ」
「シャッターチャンス?」
「お前ここから撮れ、俺顔撮る。うっわ、マンコ超パックリじゃん。◯◯、突っ込めよ」

そう言って林はこっちを見てから、ゆっくり膝立ちで美沙先輩と△△の方に音を立てずに進んでった。

「ほら、いっとけいっとけ!2回目。超濡れてんぞ」
「でもゴムとかねえし」
「何言ってんだ1回目生だべ?いけいけ」

そうか、2回目だったか。
だから脱ぐ。
浴衣はこういうとき楽だわ。
美沙先輩は顔はまっすぐ布団にペタッとくっつけていて、尻だけ突き上げていた。
△△はかさにかかって二本指を前後に動かしてる。
なんかスゲエやらしいカッコだな。
脱いだ俺を見て△△が笑う。
口と開いた左手で「よっしゃ、こっち来い、来い」とやった。

そのそぶりに、右手が止まる。

「あんっ!ああっ!!あはっ!うん・・・えっ?誰かいる?」
「おっけーーーー!!!」

瞬間、林と□□がシャッターを押した。

「おっけ、おっけ、あっははは、写真とってるよ。オッケー!◯◯来い。つっこめ!」
「え?やだ!や・・・あんっ!!」

「ほら突っ込めって、それまで俺が手マンで抑えててやるから」
「あっはははは!手マンで抑えるってなんだよ!あっはは、◯◯超勃起!」

よっしゃ、突っ込まなきゃ。
あれ、そういや勃起してるわ。
美沙の尻を掴んで、あてがおうとすると、△△が言う。

「よっしゃ。入れたら俺クリいじるわ。マジいかそうぜ美沙。中にドバッといけドバッと!」
「やだ、◯◯君?なんで。ああっ!あんっ!あんっ!」

「うるせえよ美沙。ほら、マンコ弄っててやるからなー」
「あっははは、超非道!」
「あれ、先輩さっき中出してないんすか?」
「ああ、お前ら来るまで手マンだけ。だってほら、お前気使って風呂入れたべ、美沙。2回戦の一発目はやっぱ◯◯さんっすよなあ!その代わり超いかせたぜ美沙。マンコ最高!!」

それを聞いて見てみると林さんと□□さんがこっち見て笑いながらイエーってやってる。
そうか、3人申し合わせて、俺に気を使ってくれたのか。
すげえ、後輩なんかに気つかってくれてんのかよ。
いい人じゃん。
俺も唇を歪めて笑う。
よっしゃ。

「よっしゃ。入れろ。入れろ!」

△△さんが指を抜くと同時にあてがって、一気に貫く。

「やだっ!あっ!あんっ!!あっーーくーーっ!うんっ!ヤダはいってる!」

「そりゃはいってるっつうの。うっわ、ズルズル。◯◯どうよ」
「いや、ヤラシイマンコしてますね、美沙先輩」
「うわ、◯◯がマンコとかいったよ」
「やめてくださいよ。言いますよ俺だって」

笑って腰を叩き付ける。

「おーーー。◯◯、ぶっちゃけてきた!ぶっちゃけてきた!あっははははは!」
「どう?美沙ちゃん気持ち良い?」
「あんっ!あんっ!」

「うわ、美沙先輩超反応いいっすね」
「だろ、俺のおかげだって。なあ?」
「はは、そうっすね」
「あー胸も超いい感じ。なあ、美沙ちゃん超感じてるべ?」
「やだっあっ!うんっ!うんっ!」

「なー美沙先輩感じてる?スゲエぜ?中」
「ああっ!やだっ!あんっ!あんっ!!ああんっ!!」

「あっはは!超盛り上がってるよ。ちょっと顔上げて。写真」
「うっわエロ顔ー」
「おっぱい揉みまくれ!△△!いけ!」
「あっはは、超乳首尖ってるよ!」
「やらしいっすねー先輩。うわ、スゲエ音してるよ」

うわ、すげえヤラシイ匂いしてるし。
何で俺こんな簡単にいきそうになってんだ?

「ああっ!あんっ!もう・・・うんっ!動かしちゃダメぇ・・キャッあんっ!!」

「あっははは!超甘い声だよ。おら、気持ち良いのか?美沙」
「うっわ、マンコの中動いてる動いてる。美沙先輩いきそう?」
「あんっ!あんっ!あんっ!ああっ!!」

床にこすりつけた頭をぶんぶんと縦に振る。

「あっはははは!いきそうだって、ほら、いかせろいかせろ!」
「気持ち良いん?美沙?」
「あんっ!あんっ!やだ・・言わない!んっ!うんっ!やだ・・」

「よっしゃ言わせようぜ。クリいけクリ!」

△△さんが、俺が後ろから叩きつけてる腰の前から太腿を割ってクリを弄りまくる。

「あっははは!△△さんひっでえ!」
「うわすげ、◯◯が入れるたびにマンコグシュグシュいってんだけど」
「◯◯テクニシャーン」

ゲラゲラ笑う。
スゲエ気持ち良いわ。
最高。

「うわ、ダメだって△△さん。クリ。ヤバイヤバイ。すっげぇ反応いいっすよ。俺がいっちゃうっすよ」
「あっはは、◯◯いくまで頑張れって!ガンガン突けって」
「ちょ意結合部分写真とらせて」
「あっはははは、撮らないで下さいって!」
「じゃあ、俺顔撮ろっと」
「あんっ!あんっ!!やだっ!触っちゃ!あんっ!」

「あーもう駄目かも。美沙先輩いってよ。ほら、いってって」
「あんっ!あんっ!ああんっ!!」

「あー、締まってきた、締まってきた。あっはは!美沙先輩ぜってえいきそうっすよ!」
「マジ?△△いけいけ、クリいかせろ、美沙いかせろ!」
「ぶはは!林超顔マジだよ!」
「おら、どう?◯◯?」
「あんっ!あんっ!!ああんっ!!やっ!やっ!やんっ!!」

「あー締まる締まる。あっはっは!キューってきましたよキューって!うわ、ビックビクしてる。美沙先輩いってますって」
「あーーーっ!・・はーっうんっうんっ!」

「よっしゃー!!」
「あっははは!よっしゃー!」

あっははは、この女いってるよ。
うっわなんでこんな楽しいんだか。
なんでこんなことやってんだ?

「あうっあんっ!あんっ!んーはーっはーっうんっ!」

「あー俺もいくっす」
「よっしゃ、中出せー」
「やっべなんか超はずいんですけど」
「いいって、いかせたんだから、早漏よりマシだって!」
「あっははは!うるっせえよ!」
「あーヤベヤベ。いくいく」

工場でよく見た、上から下に叩き付ける機械みたいな勢いで腰を叩き付ける。

「ああっはあっはあっ!」

「あーだめだ、いくっす。ほら、美沙先輩。超出る」
「ああっ・・・ダメッ!あ、出てる、駄目だよ、ああっ!」

「おー超中で出してる。よっしゃー!◯◯いい感じ!」
「うわやべ超はずいっす」
「どんまいどんまいってー。あっはははは!」
「いやどうだったよ?」
「すっげ最高だったすよ!」
「だろ?やっぱ中だし一発目はな!」
「あっははは!何語っちゃってんだよ。んな経験ねえだろっつうの!」
「中出し写真いっとけ。足広げさせろって」
「やだ・・ああ・・・」

「やじゃないって。マンコこんなじゃん」
「ああっ!あんっ!」

「あっはは、AV見すぎ!」

ああ、そうか。こりゃ楽しいわな。
恋人になんかなんなくったって。
やりゃいくわけだしな。

その後、俺は部屋に戻ったけど、結局朝までまわしてた先輩らに後々散々自慢される羽目になった。