「くぅーっ。全然、進まねえなぁ」

俺は苛立ちながら、呟いた。
ここは渋谷センター街、午後10時。
もう8時間もここでアンケート活動をしている。
知り合いの紹介で始めた、某大衆雑誌の編集部のアルバイト。
ネタはエログロナンセンス何でもアリの三流誌である。
毎号、街頭の女の子へのアンケートコーナーがあるのだが、今回は俺が任せられてしまった。
そのアンケートの内容がまた、ひどい。

Q1.貴女は普段オナニーをしますか?
「はい」「いいえ」

Q2.1で「はい」と答えた方、初めてのオナニーは何歳の時でしたか?
Q3.1で「はい」と答えた方、週に何回位オナニーをしますか?
Q4.1で「はい」と答えた方、オナニーをする際、何か道具は使いますか?使う方は、その道具を教えてください。
Q5.1で「はい」と答えた方、貴女がオナニーにかける時間はどれ位ですか?

こんな内容のことを聞き出せというのだ。無茶だ。
まず、話しかけて立ち止まってくれる子が十人に一人。

「ちょっとエッチなアンケートなんだけど・・・」と言ってしまうとそのうちの半数以上は立ち去ってしまう。

かれこれ始めてからもう大分経ったが、有効回答は中々集まらない。
しかも、アンケートが終わったら、もうひとつ提案することがある。

「もしよかったら、少しだけお時間いただけませんか?小一時間で終わると思いますが、謝礼として5千円お渡しします。新商品のモニターをしていただきたいんですよ。それと顔出しNGの全体像の写真、これをいただきたいんですよね」

謝礼5千円と聞いて、何人かは興味を持ってくれるが、「商品というのはこちらなんですけど」とバイブレーターのカタログを見せると、皆そそくさと俺から離れて行ってしまう。

(無理だよ、こんなの。最低でも一人分は用意しろって言われても・・・。5千円っていうのも、微妙だよなぁ。もうちょっと出せないのかよ)

俺はもう半分諦めて、電柱の陰でタバコに火をつけた。
その時だった。

「あっれえ~?◯◯?どうしたの、こんなところで?」

ふいに話しかけられた。

「え?ん?あ、ね、姉ちゃん・・・。ね、姉ちゃんこそ、どうしたんだよ」

俺の前に現れたのは、姉だった。
青山の商社に勤めている、3コ年上の姉。

「うん、ちょっと会社の子たちと飲んでたんだ・・・。少し飲みすぎちゃったみたい。えへへ」

色白の姉のはずだが、すっかり顔が赤くなってる。

「それより、何してんだよう~。ねー、◯◯、ソレなーに?、手に持ってるのナーニ?」
「な、何だよ。別に何でもいーだろ。例の出版社の仕事でアンケートしてたんだよ」
「ふーん。ちょっと見せて、どんなの?」
「あっ、待っ、」

姉は俺からアンケート板を取り上げてしまった。

「ちょ、返せよ。もう」
「ふむふむ、ナニナニ。・・・。え?やだぁ。何よう、コレ?」

見られてしまった。
よりによって姉に。

「ちょっと◯◯、アナタ何してんの、もう!」
「しょ、しょうがないだろう、これも仕事なんだから・・・」
「で、どうなの、集まってるの?アンケート」
「・・・それが・・・、なかなか集まんないんだよね」
「でしょうねぇ。そんな内容じゃぁ・・・。ところでさぁ、◯◯、もう帰らない?そんなの明日にしちゃえば?ね?アタシさぁ、帰りの電車で一人だと嫌なんだよね。酔っ払いに痴漢とかされるし。◯◯、ボディガードとして一緒に帰ってよ」
「・・・そうもいかないんだよ。これ、今日中に終わらせないと・・・」
「えぇー、そうなのー?どれ位集まったのー、それぇ?」

姉は酔っているのか、やや俺にもたれながら聞いた。
息が酒臭い。

「い、いや。その、アンケートもそうなんだけど、実はそれだけで終わりじゃないんだ」
「何でぇ?何で終わりじゃないのぉ?」

姉はややロレツが回らなくなっているようだ。

「いいから、姉ちゃんは先に帰ってよ。俺は遅くなったら、漫画喫茶でも泊まってくから、ほら、駅はあっちだよ。帰れる?」
「いいじゃんかよぅ、一緒に帰ろうよぅ、◯◯~」

俺はもう面倒臭くなって、事情を話した。

まだ、バイブ・モニターになってもらう女の子が見つかっていないこと。
その子の感想と写真が必要だということ。
そんなことを話せば、姉は諦めて先に帰るだろうと思ったからだ。
俺の話を聞いた姉はしばらくうつむいたままだった。

ようやく顔をあげた姉がボソっと呟いた。

「それさぁ、お姉ちゃんがやってあげてもいーよ」
「ええ!?な、何言ってるんだよ。解ってんのかよ、何するのか!」
「別に、たいしたことないでしょ。私だって、たまには使うことあるわよ、それくらい・・・」

!!

(ええーー?姉ちゃんがバイブ使ってるって?)

にわかには信じられなかった。
あの清楚で美しい姉が。
大学時代にはファッション雑誌のモデルもやっていたという、スタイル抜群で、美人の姉が、実はバイブでオナニーするなんて!

「ほらっ。さっさと済ませちゃおうよ。さ、行こ」

そう言うと姉は俺の手を引いて歩き始めた。

それから数分後、俺達は1軒のラブホテルの前に居た。

「ココにしよっか。ね、さ、早く」

(本気なのかよ、姉ちゃん・・・。もうこうなったらヤケクソだ。姉ちゃんのオナニーが見られるんだ。こんなコトって無いぞ。)

俺は戸惑いながらも、興奮し始めていた。

それもそうだ。
姉は、弟の俺から見てもスタイル抜群の超美人。
実は姉のことをズリネタにしたことも何回もある。
姉が掲載されていた雑誌のグラビアを今でもとってある程だ。

ラブホテルの一室に入った俺たち姉弟。
こんな場所へ、まさか姉と二人で入ることになるなんて。
姉は部屋の真ん中にあるベッドに腰掛けた。

「じゃ、始めよっか。◯◯」
「う、うん。じゃ説明するよ。これから用意する5本のバイブについて、次の六項目について5段階で採点して欲しいんだ。『太さ・長さ・振動感・質感・操作性・お値打ち感』」
「えー、5本もあるんだー。頑張らないと~」
「じゃあ、まずはコレからいくよ。準備はいい?姉ちゃん」
「オッケー、貸して」

俺は【バイブ1.オルガ・クィーン】を姉に手渡す。

「あっ、やだぁ、コレぇ。先っちょが人の頭のカタチになってるよ。おっかしい~」

そう言いながら姉はバイブをスカートの中に潜り込ませた。
まだパンティは穿いたままだ。

ヴィーーンッ。

姉の手がバイブのスイッチを入れた!
パンティの上からパイブを局部に押し当てる姉。

「ぁ・・・あ・・・、んふぅ、・・・くはっ、・・・、」

姉の口は半開きになって、吐息を漏らしている。

「ナンかぁ・・・、酔ってると濡れてくるの早いみたい。・・・そろそろ、挿れちゃおうかなぁ・・・」

そう言うと姉は腰を浮かせ、穿いていたパンティを一気に脱いでしまった。
脱いだパンティが、俺の目の前にポトリと落ちる。
俺は思わずそれを手に取ってしまった。

(ね、姉ちゃんのパンティ!)

それまでも姉のパンティを手にしたことはあった。
姉を思い浮かべてのオナニーの際、より高揚感を味わいたいため、浴室の洗濯籠から拝借していたのだ。
が、今俺が手にしているのは、姉がたった今脱いだばかりのシロモノだ。

(うぅ。姉ちゃんの脱ぎたてパンティ・・・。ホッカホカだぁ・・・)

宝物を手にしたかのように俺は大事にそれを手にし、そして広げた。

(あぁっ、姉ちゃんのマンスジッ!)

俺が目にしたのは、パンティの内側にしっかりと残る、ひとスジの濡れ跡だった。

(ね、姉ちゃんっ、濡れてるんだね、興奮してるんだねっ!)

俺の感動をヨソに、姉はいよいよバイブを挿入しようとしていた。

「入れるわよっ、いい、見てて、◯◯。しっかり見てるのよっ」

姉は足を思い切り広げ、バイブをオマンコに近づけた。
俺は、決定的瞬間を見逃すまいと姉の股間に目をやる。

くちゃぁ、ぴちゅっ。ヴィーーンッ。

バイブの電気的な音と、姉の蜜音が激しく響く。

「は、入ったっ。姉ちゃんのオマンコに、入ってるよ!す、すごい。すっぽり入ってく!」
「アァッン!!すごいぃ。コレ、いいぃ!!」

挿入するや否や歓喜の声をあげる姉。
眉間には皴がよっている。
何ともセクシーな顔。
こんな姉の顔は普段見たことない。

「あぁはんん、いぃ、入れちゃうわ、もっと奥にぃっ!」

姉はすごい大声を出していた。

(すげえ、姉ちゃん、バイブ・オナニーで感じてる。)

俺は姉のあられもないヨガリ姿に驚かされるばかりだ。

(あ、でも使用感想、聞かないと・・・)

危うく本来の目的を忘れるところだった。

「ね、姉ちゃん。お楽しみの最中に、申し訳ないんだけど・・・、ちょっといいかな?」
「ぁはっ、んん~。え?なにぃ、どこぉ?、だれぇ?」
「姉ちゃんっ、しっかりしろよ。わかる?俺だよ、◯◯だよ」
「あはっ、そうか~、そうだったー。何かぁ、気持ち良過ぎて、ワケわからなくなってたー」
「でさ、姉ちゃん。それ、どう?まず長さは?」
「えー?長さぁ?うん、まずまずだよ」
「五段階で評価すると?」
「そうね4点ってとこかな」
「じゃあ、太さはどう?」
「イイよ!丁度イイッ!文句無しの5点ッ!」

俺が手にした時は、こんなに太いのか、と思ったバイブだったが姉はそれを丁度いいとか言ってる。

まいったな。
聞いている間にもバイブは姉のオマンコに咥えられたままだ。
時折、姉の口元からため息が漏れる。

「振動感はどう?」

姉の膣の中で、バイブは一体どんな動きをしているのだろうか。

「う、うん。最初はスゴイッって思ったけどぉ、ちょっと動きが単調かなぁ、コレ。もっと、何ていうかな、かき混ぜて欲しいっって感じ・・・。うーん、まあ3点かな」

もっとかき混ぜて欲しいって・・・。
普段どんなに激しいセックスをしているのだろう。
その姿を妄想するとクラクラする俺だったが、質問を続行した。

「次に、質感はどう?」
「質感かあ・・・。なんかちょっとこのシリコンの触り具合がイマイチかなぁ。でも、コレもよくできてる方だとは思うよ。というわけで3.5点」

姉は今まで、どれ位の数のバイブを経験しているのか。

「じゃあ、操作性はどう?」
「・・・ゥフンッ、・・・ぁあぁ・・・、・・・」
「ね、姉ちゃん!聞いてる?操作性はどうなの?」
「・・・あんっ。もう。折角イイところだったのにぃ。そんなに、次から次へと聞かないでよ。楽しめないじゃない」
「そういったってさ、まだあと4ヶもあるんだよ」
「それもそうね。で、何だっけ、操作性?そうねー。この強弱スイッチと逆回転スイッチが別になってるのがマイナスかな。せっかく高まってきて、ここらで逆回転にして一気にMAXパワーに持っていきたい時に、ちょっとしらけちゃうんだよね~。イク時はそこらへんに煩わされたくないからね。っていうわけで、3点」

姉の回答はすごく具体的だ。
俺は姉の言うことを、アンケート用紙次々とに書き込んでいく。

「で、コレが買うと4000円なんだけど、そこらへんはどう?」
「え?自腹で買うってことだよね。うーんちょっと厳しいかなぁ。誰かプレゼントしてくれるんだったらいいけど、自腹での買いはナシね」

姉はたまにバイブを使うと言っていたがそれは自分で買ったものなのだろうか?
それとも誰かにプレゼントしてもらったのか?
バイブをプレゼントするって一体どんな奴?

なんてことを考えたりしていたが、いけない、先を急がねば。

「ね、姉ちゃん。じゃあ、ソレはそのくらいにして、次のいくよ。いい?」
「ええ?これ抜くのぉ、もう?」

そう言いながら姉はバイブを名残惜しそうに引き抜いた。
くちゃあ、と音を立てながらバイブが取り出された。
つつーっと糸を引いている。
姉の淫液だ。
姉からバイブを受け取った俺は思わずそれをじっと見つめてしまった。

「ね。早くぅ。次の頂戴っ」