職場の1年後輩の彼女と寝ました。

残業の後、街に出て食事を一緒に、それからカラオケへ。
それとなく誘うと、満更でもない様子。
連れ立ってラブホへ。
部屋に入ると、風呂の湯を入れたり、お茶を入れてくれたり、彼女の方が積極的。
僕とは初めてなのに、一緒に風呂に入った。
ウェストがくびれて、小柄な割りに乳房は大きく、張っている。
陰毛はオマンコの上に薄く生えていた。

浴槽の中で後ろから抱いて、胸に触り、オマンコに触ると、中はもうジュルジュル。
勃起したペニスを背中に押し付ける。

鼻声で「いや~ん、硬いのね」と、お尻を振ってかわす。

洗い場で恥ずかしがる彼女の脚を開かせて、オマンコもジックリ観察した。
ピンク色のキレイな小陰唇で、クリトリスは小さくて、包皮に包まれて隠れていた。
処女膜は2箇所で切れているが、あまり使われていない。
彼女が自分で言うには、僕が2人目で、最初の彼とはセックスは3回しかしたことが無かったそうです。

ベッドで最初は少し痛そうにしているので、慎重に愛撫を繰り返し、正常位でソロソロと、ゆっくり犯した。
身体を抱えて深く挿入すると、眼を白黒させて身体を痙攣させた。
何回かイカセタ後、思いっきり射精した。

「最初の男に、やられた時は、痛いだけだったのに、凄く、感じた」と、上気した顔で言う。

2回目も、正常位で射精。
3回目は、横から脚を大きく開かせて挿入。

オマンコの絞まりは最高で、気持ちよく射精した。
精液がオマンコから溢れてきたので、タオルで拭ってやった。

バックでも性交して、悶える彼女の尻を抱えて、身体の中心に射精した。
彼女は腰を抜かしてベッドに崩れた。

しばらくそのまま休ませてから、フェラチオさせた。
一生懸命に舌を使って、精液を全部飲み込んでくれた。
その夜以来、彼女は僕の精液を、全部、独占して、オマンコに受けてくれます。
この頃、彼女はとっても大胆になって、僕の求めに何でも応じてくれるようになりました。

先日は、潮を吹いて淫らな声で叫ぶし、オマンコは一層絞まるようになって、最高に興奮しました。