初体験は高校3年、夏休みの8月30日。

当時付き合っていた彼女の家。
付き合って間もないので、それまでまだキスもしてなかったが、一緒に宿題をやるということで彼女の部屋に行った。
最初は一緒に宿題をやってたけど、面倒くさくなって寝っ転がってた。
しかし、机に向かって俺の分の宿題までやってくれている彼女の後ろ姿を見てたらムラムラきてしまい、どーしても我慢ができなくなって、その場に押し倒した。
彼女は最初抵抗してたけど、ふたりとも未経験。
こうなることはお互い望みどおりだったので、ほどなく合体の時を迎え・・・

るはずが・・・・・・入らない(笑)

入口はわかってるんだけど、何しろ極度の緊張で、また彼女の弾力で押し返されて入らない。
一生懸命ちんぽを持って入れようとしているうち、ものすごく興奮してしまったようで、自分の意識とは無関係に、もの凄い勢いで入口付近に「発射」してしまった(笑)
ホント勝手に出やがった。

その後、別な問題が生じてその彼女とはそれだけですぐに別れてしまったけど、俺様はこのときの情けない体験を自らの戒めとして、あえて「初体験」としてカウントしている。

・・・しかし、もっと情けないのは、正式に女性と合体することができたのが、それから5年も経ってから、ということである。