うち(桃伽)
・黒髪のロング、割りと可愛い方、中2。

彼氏(九呀)
・赤茶っぽい髪、バスケ部でイケメン、中2。
麻美
・学年1の美少女、茶髪のゆるふわな髪、バスケ部のマネージャー、中2。

うちが中2の時、初めて彼氏が出来た。
相手は九呀で、うちが告ったらOKしてくれた。
キスもして、ディープもしたけど、エッチは怖くて全部拒否ってた。
今考えれば、彼は思春期だしヤりたいお年頃だったのかもしれない。

九呀と付き合って4ヶ月目のこと。
バスケ部が終わるのを外で待ってたけど、いつもよりすっごく遅くて、体育館に行ったら、九呀の友達が「マネージャーと忘れ物取りに行った」と、言われた。

体育館を見ると、あの麻美がいない。
麻美とは、うちの学年で一番可愛くモテる女だ。
色素の薄い髪に、華奢な身体。
目も大きくて睫毛が長く肌が白い。
背もちっちゃくて一見、可憐に見えるんだけど、うちらの間ではどんな男でも自分のものにする『キーラー』と呼ばれていた。

今思うと自分の妬みだったと感じるけど、うちは麻美が嫌いだった。
それに、九呀は麻美をよく見ていた。

その麻美と九呀が一緒にいると言われて、焦って校内を走りまくった。
ちょうどうちのクラスに近付いてきたとき。

「九呀ぁ、忘れ物あったよ」と、可愛い声が聞こえた。

一瞬で麻美と分かった。

ゆっくりと近づいて息を飲む。
そっと覗くとそこには、麻美と九呀が本当に忘れ物を探して見つけたところだった。
うちは、入ろうと思ったけど入れなかった。

だって、2人はものすごく絵になっているんだもん。

九呀「おっ、さんきゅ。麻美」

麻美「見つかってよかったね。麻美も嬉しいっ!!」

あぁ、あの笑顔か。
あの可愛らしい笑顔が男子をクラッとさせるんだ。

もう、帰るのかと思ってほっとした時・・・。

「ねぇ、ちょっと話そうよ」と、麻美が九呀のシャツを掴んだのだ。

九呀「えっ?あー・・・うん」

九呀と麻美は近くの椅子に座った。

麻美「九呀の彼女って、席どこ?」

九呀「俺の今座ってるとこ」

その言葉が嬉しかった。

麻美「へぇ・・・。でもさ、どこまでシたの?エッチしたぁ?」

ニコニコと聞く麻美。

九呀「え・・・、言わない」

ドキッとしたうち。

麻美「・・・してないんだぁ、九呀はそういうの興味無さそうだもんね」

綺麗な脚を組む麻美。
色気が麻美から漂っていた。
それに、麻美は制服のボタンを2コも開けている。
麻美は、可愛い上に発育も良かった。

九呀「興味ないっていうわけじゃないんだけど・・・ってかさ、麻美、ボタン閉めて・・・」

顔を隠す九呀。
これは、九呀が理性を押さえている時だ。

(・・・ヤバいかも、かなり)

麻美「なんでぇ?」

九呀の顔を覗くと麻美。

(まじで、やめて・・・!!絶対、さっきのはブラ見えたでしょ)

うちはどうしたらいいか分かんなくて固まってたら、九呀が麻美を押し倒した。

麻美「九・・・呀・・・?」

(何、今更びっくりしてんの?誘ったったのはお前なのに)

九呀「ごめん、もう無理。・・・俺、麻美の事が好きだ」

(えっ・・・!!)

麻美「・・・そんなの、知ってた。麻美も九呀が好き。大好き」

あぁ・・・、この2人は初めから想ってたんだ。
うちは、負けなんだ。

麻美「・・・んはぁっ」

ちゅっと軽く九呀はキスをすると、ゆっくり制服を脱がした。

(・・・いいや、もう見ちゃえ)

興味があったうちは、怒りを押さえて息を潜めた。
麻美は、ピンクの水玉のブラだった。

それに・・・あれ、何カップ!?!?

C・・・いや、Dは確実にある。

麻美「きゃっ・・・九、呀ぁ・・・」

そんな胸を見て九呀が吸い付く。
うちの胸だったら、撫でるだけだろうな。
結構愛撫でして、九呀はスカートを脱がした。

九呀「い、れていい・・・?」

麻美「うん・・・。九呀で、いっぱいにぃ、してぇ」

(九呀、でかくない!?!?)

麻美「・・・あぁっ」

(入ったんだ)

ゆっくり動く九呀。
その度に麻美は喘いでいた。

麻美「はぅ、・・・あっ、あんっ」

九呀「ヤバ、イク・・・」

麻美「あっ、待って・・・中は、ダメぇ」

九呀「っ・・・、どこに、出せばいい?」

麻美「口にぃ、・・・んはぁっ」

九呀は急いで抜くと、麻美の小さな口にねじりこんだ。

麻美「んっ・・・んっ・・・」

慣れたように九呀のアレを扱う麻美。

九呀「・・・くっ、・・・出、・・・る」

その瞬間、白い濁った液体が飛び散った。
麻美は、それを飲んだようだ。

次の日、九呀から別れようと言われてすんなり別れた。
麻美と付き合ったようだ。
なんでこんな話をしたのかというと、先日この2人が結婚したんで思い出しました。

はぁ、エッチしたい・・・。