俺はみんなから『Y』って呼ばれてる。
高校2年のクラス替えでM美と同じクラスになったんだ。

M美は雑誌のグラビアに何度か水着で掲載されたことがあって、うちの学校ではちょっとした有名人。
もちろんめちゃくちゃ可愛いよ、学校のやつらはみんな雑誌見ながら抜いてたもんな。
もちろん俺も毎晩のように抜いてた。
ちっちゃい紐ビキニや、かなりきわどいハイレグ水着が俺のお気に入りで、そのページは擦り切れそうになってたよ。
でも一年の時は別のクラスだったし、俺はサッカー部でなんだかんだ忙しかったから、M美と知り合うキッカケなんか無かったし、廊下ですれ違ってドキドキしてるだけだった。
当時も今もそうなんだけど、気に入った女の子には声かけづらいんだよね。

そんなこんなで1学期はあっという間に過ぎ、夏休みも何もないまま、ただただ部活に追われる日々。
おまけに夏休みの終わりには、足の指の骨にヒビ入っちゃって、練習も出来ないまま見学続き。

2学期が始まると3年は部活を引退しちまうので俺ら2年の天下になる。
もちろん見学なんぞやってられないから、部室でさぼってタバコふかしてた。
でもその日は部室の見回りがあるとの情報を得て、とりあえず教室でさぼることに・・・。
放課後の教室は誰も居ないだろうと思ってたら、なんとM美が一人ポツンと座ってた。

「あれ?Y君練習さぼってるの?あ、怪我してるんだよね」

ニコニコ笑いながら声を掛けて来たのはM美だった。

「ああ、まぁね」

ぶっきらぼうだなと思いながら俺が答える。

「今日はね、S子の家に遊びに行くからS子の部活終わるの待ってるの。一人で暇してたからよかった」と相変わらずニコニコしている。

同じクラスになってから、たまに「おはよう」とかって声はかけられたことあるけど、まともに話すのは初めてだったから、妙に俺は固くなってるのにM美はなんで平気なんだろう?とかまじで考えちまった。
その後も俺は「ああ」とか「まぁ」とかしか返事出来ずにいたのに、M美はなんだか色々喋ってくる。
真近で見るM美のかわいさに改めて感心させられた。

「ねぇ、Y君ってあたしの写真みたことある?」

急に思い詰めたような表情で尋ねられた。

俺「ああ、まぁ・・・」

M美「ねぇどう思った?」

俺「いや、いいと思ったよ・・・」

精一杯の返事だ。

「ホント?」

M美は急に明るい表情に変わり、続けざまに「どの写真がよかった?」と質問をぶつけてくる。

「・・・白いビキニのやつかなぁ?」と出来るだけそっけなく答えた。

「ええ~!あれ一番恥ずかしかったんだよ~。だってメチャクチャ小さくてさ、もう恥ずかしくて恥ずかしくてって感じだったんだからぁ」

M美はそう言いながら立上がり、スカートの前で指で三角形を作り「こんなやつでしょ?」と照れ笑いを浮かべている。
こっちの気なんかお構いなしに「横が紐だったから、解けそうですっごい不安だったぁ」とかスレスレの発言が続く。
毎晩お世話になっているグラビアのM美と、現実のM美がシンクロしてチンポが硬くなり始めていた。

「ヘヘ、でもY君がいいって言ってくれるならまた着ちゃおうかなぁ、あの水着、撮影のあと貰ったんだ!」

既にチンポは全開で、立ち上がることはおろか、脚を組み直すことさえ不可能な状態になっていた。

初めてM美と会話してなんとなく盛り上がって来た時に、お邪魔虫S子が部活を終え、教室に入って来た。
M美は何ごともなかったように、「またね~」と言ってS子と教室を後にする。
俺はチキショーと思いながらも正直ホッとした。
チンポが勃起し過ぎてうずくまりたい程痛かったからだ・・・。

帰宅後、M美のグラビアをまじまじと見つめてみた。
何度も何度もオカズにした俺にとっては愛着のあるページだ。
先程のM美との会話を思い出し・・・。

(そうか恥ずかしかったんだなぁ、そりゃそうだよなぁこんな小さな水着だもんなぁ・・・この横の紐がほどけそうだったのかぁ・・・)

当然のように1発抜いてすっきりする。
いつもと違い、なんとも感慨深いものがある。
と同時に、(放課後の教室で本当にM美と二人っきりで過ごしたのだろうか?)と信じられない思いがしてきた。

翌朝、いつも通り遅刻ギリギリで教室に飛び込む。
視線が知らず知らずにM美を探していた。
目に飛び込んだM美はいつもとなんの変わりもない。
昨日のことがあって飛躍的な進展を期待した俺の頭は本当におめでたいようだ。
結局いつもとなんの代わり映えのない1日を過ごし、当たり前のように部活に顔を出し、当たり前のように部室でさぼることにした。
部室に向かう途中、昨日のことを思い出し、ふと教室に立ち寄ってみた。
当たり前のようにガラーンとした無人の教室はやけに寂しい。

(昨日みたいなことはもう2度とねぇんだよ!)

自分にそう言い聞かせ、やっぱ部室に戻ろうと振り返るとM美が立っていた。

「あたし、いい勘してるんだ。なんとなくY君が教室に来てくれるんじゃないかと思って、駅から戻ってきちゃった。えへ」

そう微笑むM美は、飛びかかりたい衝動に駆られるほど可愛いらしかった。
俺は気の利いた言葉のひとつも捜せずに、結局口をついて出たのが「ああ」だった。
それでも昨日よりはまともに話せるようになり、とりとめのない、それでいて飽きのこない会話が続く。
時間はあっという間に過ぎ、気がつけば傾いた太陽の光が廊下側の壁にまで達していた。

「駅まで一緒に帰ろう」と言い出したのはM美だった。

まだ夏服のM美と並んで歩くと、胸のふくらみやミニスカートから伸びるスラッとした脚、ボリュームのあるふっくらとしたお尻についつい目が吸い寄せられる。
自制しろと自分自身に言い聞かせている時だった。

「昨日ね、Y君がいいって言ってくれた水着あるでしょ?あれ着てみたんだ」と俺の顔を覗き込む。

俺はドギマギしながら「ああ」と答える。

「自分で見てもなんかエッチィかったよ。M美の身体ってなんかやらしいよね、自分でそう思った。それにあの水着ってすんごい小さいでしょ?M美はヘアが薄いから大丈夫だけど、普通の子は現場で剃るんだってスタイリストさんが言ってたよ」

またまた俺の顔を覗き込むM美。

「ああ」

そう答えたものの、M美の『ヘアが薄い』という言葉が頭の中を駆け巡り、俺の中の男が一杯いっぱいになっている。
勃起を隠すため、鞄の位置が妙に不自然になってしまった。

「Y君、M美の水着姿みたい?あは、雑誌で見て見飽きちゃってるよね」

イタズラっ娘の笑顔を俺に向けた。
これに関しては、からかわれてるだけってのがすぐに分かったし、そんなことはありえないことだったから冷静に返事が出来た。

「いや、見たいよ。でも夏も終わりかけだし、怪我が治れば部活が忙しくなるし、来年の夏休みに期待するよ」

「来年の夏休みかぁ・・・」

M美はほんの一瞬、悲し気な表情をみせたが、すぐに「ハハハ、そうかそうかY!M美様の水着姿を機会があったら見せてやろう、ありがたく思えよ」とふざけながら俺の肩を叩いた時には駅についてしまった。

「明日の放課後も教室で待ってていい?」

別れ際にそう聞かれ、迷わず「ああ」と顔がほころびそうになりながら答えた。
さらにM美は俯きながら、「明日、M美の家、誰も居ないんだ・・・」と独り言のようにぽつりと呟くと、反対側のホームに走り去ってしまった。

帰宅したものの、駅でM美と別れてから俺の頭はパニクっていた。
もともと無い頭を必死で働かせようとするのだが、何一つ答えが出ない。
普段M美は自分のことを『あたし』と言うのに、今日は会話の途中から『M美』と名前で自称していたこと。

『教室で待ってていい?』

つまり俺をM美が待ってるということなのか?
どうしても信じられない。

『家に誰も居ない』

家に誰も居ないのは勝手だが、何故俺に言うのか・・・?
まさかね、そりゃねぇよなと、よからぬ妄想を必死で拭い去る。
俺のおめでたい頭は堂々回りを繰り返し、眠りについたのは夜中3時を回っていた。

もちろん“いつものページ”に3回お世話になったのは言うまでもない・・・。

<続く>