まずスペック書いておく。
俺、当時14歳。
155センチくらい。
昔は中性的で、自分で言うのもなんだがショタっぽかったと思う。
今フツメン。

友姉、当時22歳。
顔はmisonoに似てる。
体型もmisonoっぽい感じ。
155センチくらい。

中2の頃、かなり仲の良い友達がいて、毎日のように遊んでいた。
ここでは『A』としておく。

Aはちょくちょく俺の家に遊びに来てたんだが、なぜかAの家に行くのはNGだった。
理由を聞くと、『家で騒ぐとAの姉ちゃんが怒るから』らしい。

Aの姉ちゃんは、昔ちょっとやんちゃしていたらしく、Aはかなりビビってて言われるがまま、といった感じだった。

だがある日、初めてAの家に行ってもいいOKが出た。
姉ちゃんが、『弟が毎日のように遊んでる友達なら見てみたい』と言い出したそうだ。
(Aは姉ちゃんの言われるがままと書いたが、姉ちゃんはAの事をかなり溺愛してた)

そして放課後、俺たちはAの家に向かった。
姉ちゃんは仕事をしているらしく、俺たちが家に着いた時はまだいなかった。

Aは「マジで怖いから、変な事言われたらごめんな。失礼な事するかも」とか、ずーっと俺に言い続けてたので、俺も変な先入観を持ってしまってドキドキしていた。

2人でゲームをしていると、玄関のドアが開く音がして「ただいまー」という声が聞こえてきた。
当たり前なんだが、普通の女の人の声で、Aの吹き込みで勝手にモンスターみたいな女を想像していた俺は拍子抜けしたことを覚えている。

Aの部屋にノーノックで入ってきた姉ちゃんは、俺の想像とは全く違い、普通の可愛らしい女性だった。

姉「あ!もしかして俺君?初めまして、Aの姉だよー」

俺「あ、ども」

姉「いつもAから俺君の話聞いてるよー。いつもAと遊んでくれてありがとうね」

俺「あ、いやそんな、こちらこそ」

姉「あ!ゲーム?私もやるー!!」

姉ちゃんは自由奔放な感じだが気さくで、話に聞いていた人とは別人のようだった。
最初は仕事着のままゲームをしていた姉ちゃんだが、途中で部屋着に着替えてきた。
薄手のタンクトップにパーカー、肉付きの良い身体が中2の俺には刺激的だった。

一通りゲームをした後、姉ちゃんが夕飯に連れてってくれることになった。
お言葉に甘えて近くのファミレスに行き、ハンバーグをご馳走になった。

姉ちゃんはわざわざ車で俺の家まで送ってくれて、「またおいでねー」と言ってくれた。

数日後、Aから『またうちに来いよ』と誘われた。
俺はまた姉ちゃんに会えるかもと期待しつつ、放課後、Aの家に向かった。
2人でゲームをしていると、姉ちゃんが帰ってきた。

姉「あー、俺君!また来てくれたー、遊ぼ遊ぼー!A、ちゃんと連れてきてくれたかぁー、えらいえらい!」

どうも、姉ちゃんが俺のことを気に入ってくれたらしく、わざわざAに「俺君を連れてこい」とリクエストしたようだった。
その日もファミレスで夕飯をご馳走になり、車で家まで送ってもらった。

それからというもの、俺はほぼ毎日Aの家に入り浸るようになった。
もちろんAと遊ぶのも楽しかったが、目的の9割ぐらいは姉ちゃんに会うためだった。
姉ちゃんも仕事が終わるといつもすぐ家に帰ってきて、俺たちと遊んでくれていた。

俺はずっと姉ちゃんの事を「◯◯さん」と名前で呼んでいたのだが、ある日姉ちゃんが「俺君も弟みたいなもんだよー。だから姉ちゃんって呼んでくれていいよ?」と言ってくれたので、俺はその日から「姉ちゃん」と呼ぶようになった。

入り浸るようになって1ヶ月くらい経ったとき、Aが『うちに泊まりに来い』と言ってきた。
俺は二つ返事で了承した。
ただ友達の家に泊まりに行くというだけでもワクワクするものだが、俺は姉ちゃんと一つ屋根の下で寝られるという事に興奮を覚えていた。
思えばこの頃はもう完全に姉ちゃんに恋していたな。

その日は一旦家に帰り、泊まりの用意を持ってAの家に向かった。
例によってゲームをしていると、姉ちゃんが帰ってきた。

姉「俺くーん!今日泊まっていくんだって?ゆっくりしていきなよー」

俺「あ、はい、よろしくお願いします」

姉「よーし、今日はお姉ちゃんも徹夜でゲームするぞー!」

その日はAの家の夕飯をご馳走になり、Aと順番に風呂に入ってAの部屋でゲームをしていた。
ゲームをしていると、風呂上りの姉ちゃんがアイスを持って入ってきた。
風呂上りの姉ちゃんは、濡れた髪がめちゃくちゃ色っぽくて、とんでもなくいい香りがした。
上はタンクトップにパーカー、下はショートパンツという格好で、俺は姉ちゃんが気になりすぎてゲームどころではなかった。
Aも「友達がいるんだからその恰好は・・・」とか言っていたが、姉ちゃんはお構いなしだった。

ゲームをやりながらアイスを舐める姉ちゃんは、童貞の俺から見てもセクシーすぎて、常に半勃起状態だった。
今思えばAにバレてたかもしれないな。

『徹夜でゲームする』と意気込んでいた3人だったが、それぞれ部活と仕事で疲れており、2時ぐらいには全員うとうとし始めていた。

そうこうしている内に、Aがまず落ちた。

姉「Aはあんまり夜更かし慣れてないからねー。よし、二人で朝までゲームだ!」

深夜にエロい格好の姉ちゃんと二人でゲームをしているという状況に、俺は興奮しまくっていた。
姉ちゃんは初めて会ったときからスキンシップが激しくて、初対面で抱きつかれたり、ゲームをしているときも身体をちょくちょくぶつけてきたりしていたのだが、この日の夜はAが寝たこともあってか、普段より近い距離でくっついてゲームをしていた。

その後どうやって眠りに入ったのか覚えてはいないが、深夜に目が覚めると3人で川の字になって寝ていた。
目を開けると目の前に姉ちゃんの顔があって、ちょっと動けばキスできてしまうほどの距離だった。
俺はドキドキしながら、普段はじっくりと見ることのできない姉ちゃんの身体を観察した。
電気はつけっぱなしだったので、姉ちゃんの身体をよく見ることができた。

身長は155センチくらいで、肉付きの良いその身体は、とても柔らかそうだった。
(実際何度も抱きつかれていたのでその柔らかさは体験済みだったが)
おっぱいはたぶんEカップくらい。
童貞の記憶なので定かではない。
ショートパンツから伸びる太ももは、白くむっちりとしていて、あそこで寝たら気持ちいいだろうなーなんて考えていた。

・・・とその時、姉ちゃんの腕が急に伸びてきて、俺の背中に回された。
身体をじろじろ見ていたことを気付かれたかと焦ったが、寝返りついでに腕を伸ばしただけのようだった。
しかし姉ちゃんの腕の中で俺が抱かれるような感じになってしまい、興奮はさらに増した。
10cm先には姉ちゃんの顔があり、脚もほとんど絡まるほどの距離。
心臓の鼓動が聞こえてくるほどだった。

そんな状態で寝るに寝られず、姉ちゃんと自分の体温で汗ばんできて、姉ちゃんの匂いで頭はクラクラしてくるわ、横にAが寝てる緊張もあってか、俺はもう夢か現実か分からないような感覚でいた。
姉ちゃんの唇をぼーっと眺めていると、ふいに頭を引き寄せられて、その唇にぶつかった。
俺はパニックで頭は(??)状態だったが、俺の頭を引き寄せる腕の力はどう考えても寝てる人間の力じゃなかった。

(もしかして俺、姉ちゃんとキスしてる?)

・・・と、やっと考え始めたあたりで、姉ちゃんの舌が俺の中に入ってきた。

キスはしたことはあったのだが、舌を入れるようなのは初体験で、姉ちゃんの舌の柔らかさと温かさで全身がとろけるような感覚に襲われた。
そのまま2、3分お互いの舌を舐めあうようにキスしていたのだが、俺はどうしていいか分からず、ずっと姉ちゃんの目を見つめていた。
姉ちゃんはずっと目を瞑っていたが、ふいに腕の力を緩めて、目を開けた。

姉「ふふふ、俺君とキスしちゃったー。俺君キスは初めて?」

俺「いや・・・」

姉「なーんだ、初めてじゃないのかー!おませさんだなー。最後までしたことあるの?」

俺「キスだけ、かな」

姉「わーい、そっか。俺君、ほんと可愛い!」

姉ちゃんは俺を抱き締めて、頭を撫でながら舐めるようにキスをしてきた。

<続く>