十数年前、大学1回生の9月、バイトで貯めた金で友人と温泉巡りをしていました。

巨大露天風呂が有名な山陰の某老舗旅館に泊まりました。
平日の早朝という事もあり、1人で入浴していたら30代半ばの熟女(当時まだ19歳の俺にはそう見えた。
今なら余裕でOK)が入って来ました。

「あら、お兄ちゃん1人なら隠す必要もないわね」と笑いながら、巻いていたタオルを外して湯舟の中へ。

真っ白な肌、巨大なバスト、下腹部の三角形の茂みが露わに。
乳輪は大きかったが、乳首は意外にもピンク。
俺はいきなりの展開に慌て湯船から出ました。
熟女とは言え、胸やお尻は垂れる事なくツヤツヤとしていて、体を洗ってる最中は悶々としていました。

そして背中を洗おうとした時・・・。

「洗ってあげようか?」

さっきの熟女がいきなり背中をゴシゴシしてきました。

「えっ!?あの・・・」

「次は前向いて」

前を向けば俺のチンポのMAX状態がバレる・・・。

遠慮がちに前を向いたら、「あれ~?こんなおばちゃん相手でも、こんなになってくれるんだ」と言いながら、肩を洗ってる時には目の前にDカップぐらいの胸がユサユサ。
乳房に薄っすらと浮かび上がる血管が余計にイヤラシさを強調。
そして、椅子に腰掛けた彼女はM字開脚状態。
茂みの中に赤くぱっくりと割れた、肉唇が・・・。

思い切って乳房を触ってみると・・・。

「だめぇ・・・主人が来ちゃうから・・・」

この言葉に俺は、(旦那が来るまでにヤルしかない)と熟女の手を股間に持っていくと、熟女は黙って上下に動かし出した。
これが最高に上手い!

「入れたいんだけど・・・」と彼女を後ろ向きに立たせた。

「やっぱり主人が来るから・・・」

露天風呂に逃げる腰を捕まえ、グイッと引き寄せ、挿入!

中はトロトロで意外にも締め付けがハンパない。
夢中で、熟女の巨大バストを鷲掴みにして、ピストン運動を始める。
ぴしゃぴしゃと湯が波打つ。

「ああん、いいわぁ~」という喘ぎ声。

「でも、今日は危ない日だから外に出してね」

俺の興奮もマックス、さぁこれからというところで・・・。

「おーい◯子」と旦那登場の声!

抜こうとしたが、その瞬間、熟女の膣が今までになく強く締め付ける。
ドクン、ドクンと2回ほど熟女の深奥に射精してしまった。
なんとか抜いて、俺は露天風呂の岩陰に隠れる。

熟女は露天風呂に首まで浸かって股間を洗い、やってきた旦那と一緒に出て行った。
旦那の姿は見えなかったが、俺の存在にも何が起こったかも気付かなかった雰囲気。
熟女とは旅館の中でもう会う事はなかった。

そしてそれから5年後、思わぬ後日談があった。
就職して配属になった課の課長が親バカだった。
結婚10年目にしてやっと授かった4歳の娘を、本当に目の中に入れても痛くないくらい溺愛していた。
机の上には娘さんの写真が何枚も飾ってあった。
それを見ると何か胸騒ぎがした。

そして、秋の社内運動会の時、その理由を知った。
課長が奥さんと娘さんを連れて来ていた。
その奥さんが温泉の熟女だった。

ではその娘は・・・。