私が短大に通っていたころの話です。

学校の近くでマンションを借りて一人暮らしをしていました。
まだ彼氏はいなくて、地味で真面目な学生でした。
ちょうど私の部屋の窓に面したところに、新築のマンションが建ちました。
これまでは畑だったところで、私は無防備にも、誰にも見られないだろうとカーテンを付けてなかったんです。

ところが、私の部屋の真正面のところに新しく入居したようで、そこには中学生と思われる男の子が住んでいました。
なぜ分かったかというと、その子の部屋には、まだカーテンがついてなくて、夜灯りを付けると部屋の中が丸見えになっていたからです。
その子がお風呂から上がると、いつもバスタオル一枚で自分の部屋に戻り、パジャマに着替えていました。

私は覗いちゃいけないと思いながらも、気持ちが抑えられず、気づかれないように、自分の部屋の灯りを消して、バードウォッチングに使うような双眼鏡で覗いていました。

男の子にしては肌がきれいで、小麦色に焼けて、胸の辺りには筋肉も付いていました。
ウエストが引き締まっていて、腹筋も割れてたから、たぶん水泳部かな・・・。
鏡の前で競泳水着に着替えて、泳ぐようなポーズを決めていた時もあるし。

そして、お尻はキュッと引きしまっていて、変な話ですが、アソコの毛がまだ薄めで、おちんちんも形がきれいで、先がプルッとしたピンク色で、ちょうどいい大きさで、きれいでした。
なんか、覗いてると、私の大事なところが熱くなって、ジュンって感じで、はっきり言って濡れます。

先日、その子が部屋の中で、雑誌のグラビアを見ながら、オナニーをしている場面に遭遇してしまいました。
食い入るように覗いてしまいました。

最近は、気が付くと覗いてしまい、一番感じるところを刺激しながら、男の子を慰み者にしています。