グッとくるエロい体験談SP

当サイトでは、衝撃の初体験や夫婦・恋人同士のラブストーリー、セックスフレンドとの不倫・浮気話、禁断の近親相姦体験など、エッチでリアルな告白から妄想に至るまで、あなたの心と股間にグッとくるエロい体験談をジャンル別に集めて公開しています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
当時、私は地元を離れ九州南部に転勤することになり、付き合っていた彼女と別れることになりました。
そして毎日仕事に打ち込み、休日は同僚と合コンと楽しい毎日を過ごしてました。
ちなみに自慢ではないですが、お持ち帰りがほとんどでした。

そんなある日、同僚と2人で飲んでいたとき、同僚の彼女とその女友達の2人が合流するという流れになりました。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
不況で夫の給料が激減して、私もパートに出ているんですが生活が苦しくて、ついに風俗で働く決意をしたんです。

私は38歳で、今まで一度も風俗で働いたことはありません。
主婦として、風俗嬢になることは物凄い抵抗がありましたが、このまま貧乏生活を続けていたらきっと私達夫婦は駄目になるという恐怖心があって。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
今年から専門学校に通う、21歳の男です。
初体験は人よりも早いと思うのですが(高校2年の冬です)、それ以来、浪人時代も含めて女性のおっぱいには触っておらず、もっぱらエロ動画を観ながら毎日シコシコしていました。
でも、こんな自分でも、専門学校に入学してバイトを始めると、人並みですが美味しいことにありつくことができました。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
私は35歳。
8年前に4年間連れ添った主人と離婚をし、今は10歳の息子と暮らしています。
離婚をしたとき、息子はまだ3歳で、その頃の私は(世の中で息子だけが私のもの。この子のためなら何でもしてあげる)と思っていました。
そのときから私は息子を保育所へ預け、必死に働き始めました。
息子に寂しい思いをさせないように、今でも一緒にお風呂に入り、一緒のベッドで寝ています。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
昔の話です。
チャットルームに援助交際を希望している女性が待機していた。
幸運にも入室することが出来た。
女子大生だと言っていた。
私とは親と子くらいの年齢差があった。
彼女から年齢は関係ないという嬉しい返事が返ってきた。
2ということで交渉は成立。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
先日、若い子が多くいる、いつも使ってる出会い系サイトを使いました。
貧乏な若い子が多いそのサイトは、餌を撒けば簡単に食い付いてくるんです。
下手な風俗になんて行くよりよっぽどいいので時々使ってますw

数ヶ月ぶりだったので慎重に餌を撒くと、6人の女の子が即食い付いてきました。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
去年の夏のいつかの金曜日、高校の時に仲良かった奴らと小さい飲み屋で飲んでいた。
19時から飲みだして、積もる話は続くようだったが、俺は郊外から来ているので終電がやばかった。
惜しみながらも、「俺、電車があるから先に帰るな。いくら?」と切り出した。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
33歳ですが、いつもひと回り若く見られます。
小柄で145センチ、40キロ。
丸顔でロングヘアー。

去年、10歳の娘と花火見に行って携帯電話を落とし、次の日警察から連絡あり、拾い主にお礼することに。
大学4年の彼は私好みのマッチョマン。
しかも長身で結構イケメンで、主人とは全然違う男らしい人です。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
私の妻の裕子(43歳)は、ミミズ千匹です。
ただしペニスが16センチ以上ないと、それを味わうことはできません。
結婚前に妻と付き合っていた男から聞かされました。
ちなみに私の友人です。
しかし14センチしかない私は、夫でありながらまだ一度もミミズ千匹を味わったことがありません。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
工務店の事務員、絵美さんは32歳。
ぽっちゃり系だけど、足首が締まっていて胸も大きい。
僕とエッチな関係になって3年となる。

絵美さんは親族でやっている工務店で経理を担当しています。
工務店とは取引があり、僕が集金にいくといつもお茶を出してくれて世間話をしていました。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
お父さんと何度も行ってた銭湯、うちのバスルームより広くて。
私、まだ大人の毛が生えなくて、お父さんと一緒に銭湯に入ることができた頃。

湯舟の縁に座って片膝を立てて、擦り剥いたひざ小僧を見てたんです。

あー、痛かったな。でも、転んだの自分のせいだったし。
・・・あれ?私、見られてる?・・・なんで?
続きを読む

このページのトップヘ